リンパ液とは

リンパ液ってなんでしょう?リンパ液についての解説そのままリンパとも言われることもあります。
リンパ液は、リンパ管内を流れる液体で、毛細血管から組織内に浸出した組織液が、毛細リンパ管に流れこんだもの。ほとんど無色透明の漿液(しょうえき)性液体で、有形成分は主としてリンパ球。もともと血漿に由来するもので、組成はよく似ているが一般にタンパク質濃度は低い。
部位によって組成に変化があり、特に腸リンパ本幹を流れるリンパ液は脂肪に富み白濁し乳糜(にゅうび)と呼ばれています。
なお、眼球の前眼房、内耳の迷路などの腔所をみたす組織液も広義のリンパ液です。
posted by リンパマッサージ at 13:37 | リンパ液